東山梨消防本部

令和2年7月豪雨に伴う通電火災対策の徹底について

通電火災を防ごう

 令和2年7月豪雨により、今後、広範囲にわたる長時間停電の発生が懸念されるところです。停電からの再通電時において、電気機器又は電気配線からの火災(以下「通電火災」という。)が発生するおそれが生じることから、次のとおり通電火災対策をお願いいたします。

【通電火災を防ぐポイント】

  1. 停電中は電気機器のスイッチを切るとともに、電源プラグをコンセントから離脱してください。
  2. 停電中に自宅等を離れる際はブレーカーを落としてください。
  3. 再通電時には、漏水等により電気機器等が破損していないか、配線やコードが損傷していないか、燃えやすいものが近くにないかなど、十分に安全を確認してから電気機器を使用してください。
  4. 建物や電気機器に外見上の損傷がなくとも、壁内配線の損傷や電気機器内部の故障により、再通電から長時間経過した後、火災に至る場合があるため、煙の発生等の異常を発見した際は直ちにブレーカーを落とし、消防機関に連絡してください。