東山梨消防本部

ガソリンの容器への詰め替え販売について

  令和元年7月18日、京都府京都市伏見区において死者35名、負傷者33名の極めて重大な人的被害を伴う爆発火災が発生しました。
 本火災の詳細については、管轄する消防本部等において、現在調査中ですが、ガソリンをまいて火をつけたものとみられることから、総務省消防庁から「給油取扱所におけるガソリンの容器への詰め替え販売に係る取扱いについて」の通知文が発出されました。
 給油取扱所(ガソリンスタンド)の皆さまにおかれましては、次の取り組みにご協力お願いします。
 また、一般市民の皆さまにおかれましても、ガソリンスタンドでガソリンの容器への詰め替え販売を購入される際は、ご協力をお願いいたします。
なお、セルフ式のガソリンスタンドでは、ガソリンを顧客自ら容器に詰め替えることは法律で禁止されています。

  1. 消防法令に適合した容器であることの確認をしてください。
  2. 購入者に対し、身分証の確認や使用目的の問いかけをお願いします。
  3. 販売記録の作成をお願いします。
    (販売日時、販売量、購入者の住所・氏名、購入目的)
  4. 不審者と思われる場合は、警察に通報してください。

※販売記録用紙は、ダウンロードしてご活用ください。

【総務省消防庁通知】
 給油取扱所におけるガソリンの容器への詰め替え販売に係る取扱いについて