○東山梨消防本部救命索発射銃取扱規程

昭和50年7月7日

訓令甲第15号

(目的)

第1条 この規程は、救命索発射銃(以下「銃」という。)の取扱について規定し、適正な取扱によってその機能を十分に発揮するとともに、事故の防止を期することを目的とする。

(使用)

第2条 銃は火災、水災時等における人命救助等に当たり他に手段がないとき、又は訓練等で所属長の許可を受けたとき、使用をすることができる。

(遵守事項)

第3条 銃の使用に際しては、次の各号を遵守しなければならない。

(1) 指揮者は、発射目標の指示、操作の指導を行い更に警笛、拡声器その他による発射予告措置を施すとともに、取扱者以外の者を銃の位置より後方に遠ざける等事故防止について最善の努力を期するものとする。

(2) 取扱者は、指揮者の指示に従い操作の確認、安全装置の確認、発射位置、発射角度及び風向風速等に留意し、打ち込みの適正を期するものとする。

(3) 訓練における装てん操作にあっては、空薬きょうを使用するものとする。

(4) 不発の場合は、直ちに安全装置をかける等安全状態を確認したのち、薬きょうの取換え操作その他必要な措置を行うものとする。

(5) 装てんした銃の持ち歩きは行わないものとする。ただし、緊急時において発射位置の変更等やむを得ず小移動を行う場合は、安全装置をかけ、かつ、銃口の向きに危険がないよう注意し、安全確保に努めるものとする。

(6) いかなる場合でも銃口をのぞき見してはならないものとする。

(7) たとえ安全が確認されている場合といえども、銃口を人身に向けてはならないものとする。

(8) 救助に当たっては、救助ロープを使用するものとする。

(維持管理)

第4条 銃は、常に安全管理に努め危害、損傷、盗難及び紛失等の事故防止に注意するとともに、次により銃等の維持管理に万全を期すものとする。

(1) 概ね月1回程度銃の撃針、撃発装置等の機能点検を行い、よごれ等手入れをするものとする。

(2) 空包については、現在数の確認、冷暗なる場所への保管及び不発空包の安全処理等事故防止に留意するものとする。

(3) 救命索については、汚損除去、乾燥等常時使用可能の状態に整備しておくものとする。

(記録簿)

第5条 署長は、別記様式による救命索発射銃記録簿を備え、使用状況を明確にしておくものとする。

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

画像

東山梨消防本部救命索発射銃取扱規程

昭和50年7月7日 訓令甲第15号

(昭和50年7月7日施行)

体系情報
第8編 防/第2章
沿革情報
昭和50年7月7日 訓令甲第15号